診療内容 - 審美歯科

ホワイトニング

歯を今よりも白く美しくすることを「ホワイトニング」といいます。ホワイトニングにはいろいろな方法がありますので、自分の希望や歯の状態に合わせて方法を選択しましょう。

ホワイトニングの症例はこちら

あなたの希望のホワイトニング法はどれ? ホームホワイトニング 歯のマニキュア 歯のクリーニング 差し歯・ラミネートベニア オフィスホワイトニング
歯のクリーニング

生えたての頃は白かった歯も、食べ物、飲物、うがい薬、タバコのヤニ等の影響で少しずつ黄ばんできます。

これは歯の表面に色素がくっついてしまうためです。この色素を歯科医師や歯科衛生士が専用の器具でキレイに落とすのが「歯のクリーニング」です。

歯のクリーニングによって元々の自分の歯の色にすることができ、本来の艶が戻ります。

また、「歯のクリーニング」はむし歯や歯周病の予防にも効果があります。白さの維持と予防のために、定期的に行うことをおすすめします。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング

元々の自分の歯の色よりももっと白くしたい場合には「ホワイトニング」という処理がおすすめです。
お薬(過酸化水素や過酸化尿素)を歯に塗り、表面や内部の色素を分解して白くする方法です。

歯科医院で処置を行う「オフィスホワイトニング」とご家庭で自分で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

注意点として、抗生物質の影響で変色した歯や神経を取った歯はあまり白くならないことがあります。
また、人の歯は紙のように白くすると不自然さが目立つようになります。

ホワイトニングの効果は永久に続くわけではなく、少しずつ元の色に戻っていくため、白さを維持するには定期的にホワイトニングする必要があります。

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニングの症例はこちら

歯のマニキュア

歯科用のマニキュアを専用の接着剤を使って歯科医師や歯科衛生士が歯に塗ります。

ラミネートベニア(取り外しができない歯の付け爪)

歯の変色が激しくてブリーチングでは白くならない場合や、確実に白くしたい場合に行います。
歯の表面を0.3mm~0.5mm程度一層削り、セラミックで作った歯の形をした薄い板を貼り付けます。

差し歯

歯の色だけでなく、歯並びも同時に治したい場合に行います。
歯を削り、セラミックで作った被せ物(クラウン)を入れます。

差し歯の症例はこちら

トップへ戻る