ホワイトニング

ホワイトニング

歯を今よりも白く美しくすることを「ホワイトニング」といいます。
ホワイトニングにはいろいろな方法がありますので、自分の希望や歯の状態に合わせて方法を選択しましょう。

ホワイトニング

歯を削ってでも確実に白くしたい

差し歯・ラミネートベニア(取り外しができない歯の付け爪)
歯の変色が激しくてブリーチングでは白くならない場合や、確実に白くしたい場合に行います。
歯の表面を0.3mm~0.5mm程度一層削り、セラミックで作った歯の形をした薄い板を貼り付けます。
差し歯
歯の色だけでなく、歯並びも同時に治したい場合に行います。
歯を削り、セラミックで作った被せ物(クラウン)を入れます。

タバコのヤニは頑固な茶渋、歯石が気になる
本来の自分の歯がもつ自然な白さにしたい

歯のクリーニング
生えたての頃は白かった歯も、食べ物、飲物、うがい薬、タバコのヤニ等の影響で少しずつ黄ばんできます。
これは歯の表面に色素がくっついてしまうためです。
この色素を歯科医師や歯科衛生士が専用の器具でキレイに落とすのが「歯のクリーニング」です。
歯のクリーニングによって元々の自分の歯の色にすることができ、本来の艶が戻ります。
また、「歯のクリーニング」はむし歯や歯周病の予防にも効果があります。
白さの維持と予防のために、定期的に行うことをおすすめします。

元々の自分の歯の色よりも白くしたい

オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング
ホームクリーニングが、歯の表面の汚れを除去するのに対し、ホワイトニングは、歯そのものの色を変化させます。

当院のホワイトニングの特徴

当院が行なうホワイトニングは、より歯への刺激が弱く、かつ痛みが少なく効果の高い薬剤を導入しています。そのため、人によっては数回の施術が必要になることもありますが、ご本人の満足度にもよります。
大抵の方が2回程度の施術を希望され、その後は、ご希望によりメインテナンス時に再度お受けになられます。短期間で集中的に行うことにより、より良い結果を得られます。また、継続して施術を受けられるのも、低刺激、ほぼ痛みなし、という結果だからです。
一度の施術時間は、約60分程度です。

オフィスホワイトニング

『オフィスホワイトニング』は、歯科医院で歯科医師や歯科衛生士がホワイトニングを行なう方法です。歯の表面に薬剤を塗り、専用機器を使ってレーザーなどの光を当てて色素を分解し、歯を白くします。1回で効果を実感できる方が多いですが、1回でご希望の白さにならないという方や生まれつきの歯の色によっては、2~4回ほど通院していただくこともあります。
オフィスホワイトニングで使う薬剤は高濃度のものなので、すぐに白さを実感できます。
当院ではオフィスホワイトニング照射器に最新機種のブリリカビアンコを導入しています。人気だった従来の機種に比べ、本体の重さが軽量化・コードレス化され、光出力がアップし、光も広範囲に拡散できるようになりました。これにより患者さんの負担がより少なく、かつコンパクトになりました。

ホームホワイトニング

『ホームホワイトニング』は、ご自宅でご自分のお好きなタイミングでホワイトニングを行なう方法です。まずは歯科医院で患者さまの歯型をとり、マウスピースをお作りします。患者さまはそのマウスピースと薬剤をご自宅に持ち帰って、マウスピースに薬剤を入れて毎日2時間ほど装着し、これを2~4週間続けます。
ホームホワイトニングで使う薬剤は低濃度のものなので、すぐに白さを実感できるわけではありません。効果を実感できるようになるまで最短でも2週間ほどかかってしまいます。しかし、薬剤の浸透は深くなるので、白くなってからは6~12ヵ月ほど効果が続きます。
早く白くしたいからといって、マウスピースをつける時間や回数を自分の判断で増やすと、知覚過敏などを発症することがあるので、歯科医師から指示された時間や回数を守りましょう。